思考の揺りかご

○○教の総本山(笑)

ボイスロイド、略してヴォイド……つうかそれってボーカロイドも略したら同じだよね!?

 

 

ド●えもーん!

 

 

VOICEROID+ 東北ずん子 EX

VOICEROID+ 東北ずん子 EX

 

 

 

東北ずん子で覚える! アニメキャラクターモデリング

東北ずん子で覚える! アニメキャラクターモデリング

 
VOICEROID+ 東北ずん子 EX ダウンロード版 [ダウンロード]

VOICEROID+ 東北ずん子 EX ダウンロード版 [ダウンロード]

 
VOCALOID4 東北ずん子 ナチュラル

VOCALOID4 東北ずん子 ナチュラル

 
東北ずん子  「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!

東北ずん子 「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!

 
VOCALOID4 東北ずん子 スターターパック

VOCALOID4 東北ずん子 スターターパック

 
ずんだ温麺 肉味噌たれ付 東北ずん子パッケージ
 
東北ずん子の野望・宮城版

東北ずん子の野望・宮城版

 

 

東北じゅん子……通称、ずんちゃんが欲しいよぉぉぉぉぉぉ!

 

茜ちゃんたちの方が、ひとつのソフトで掛け合いできるからお得ではあるのだが、いま、声優の佐藤聡美さんが僕の中で大変ホット*1*2なので、ずんちゃんを調教*3したいでふ、はい。

 

 

もしもお迎えできたら、調教して、えるたその二次創作的シチュエーションエロドラマ音声つくるんだ……*4*5

 

なんなら俺のずんだでずんだまみれにしてもいいんだぜ!

ずんだ好きのずんちゃんだったら、ずんだまみれになることを赦すどころかアへ顔ダブルピース晒して幸福のあまりずんちゃんのずんだがずんだアローしちゃうんだろうね!!!

 

はい、そこっ!!!

自分の「ずんだ」がゲシュタルト崩壊したからって「ナニこいつ?  頭おかしいの?  電波なの?」とか言わないのっ!!!

それってキミの「ずんだ」がまだずんだアローできないだけのずんだでしかないんだよ!

ずんだへの愛が足りないよ!

ずんだへの信仰心がまったくもって足りてないよっ!!

もっとずんだを叫べよ!

真心をこめてずんだしろよ!

魂からずんだを求めろよッーー!!!

キミのずんだはいつからそんなずんだになってしまったんだ!?

キミのずんだはもっとずんだアローしていたじゃないか!!!

もっとずんだしろよ!

キミのずんだはもっとずんだとしてずんだだったじゃないか!!

あのころのずんだを忘れてしまったっていうのか!?!?

じゃあ言うよっ、あのころのキミのずんだを少しでも思い出してもらうためっ、僕は心の底からずんだを叫ぶよ!!!

 

 

 

ずんだってのはなあっ……

 

 

 

ずんだってのは……

 

 

 

 

 

 

そう、ずんだなんだよおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい。*6*7*8

*1:じゅん子さんとか、ずんちゃんとか、東北ずん子とか。

*2:他にも、えるたそとか、七条アリアぱいせんとか、えるたそとかがいたりする。

*3:調声ではなく調教ね!「調律」って言葉もずんちゃんを物格化していて結構コーフンするけど、やっぱり調教が一番いろんなニュアンスを含んでいるから調教がいいよね!!まったくっ、度しがたいほどに煩悩の塊だよね!!!

*4:死亡フラグはへし折っていくスタイル

*5:割とシャレにならないジョークである。管理人のナコト氏には、ブラックユーモアがあるのかないのか……それはあなたの心が決めてくれるはずだ

*6:この終わり方すらパクりである。まったくもってこのブログの管理人・ナコト氏は度しがたいアホである

*7:しかし素敵な友人であるところのYさんなら、きっと僕の戯言も笑って許してくれるはず。持つべきものは友人だね!

*8:200年も翼がないことを恥ずかしがってる二級天使も言っている……友ある者は敗残者ではないのだとッーー!!!

雪、本好き、天体観測。  

 

 

雪ちゃん*1に惚れたのがきっかけで天体について興味が出てきた。

 

もともと星座に興味はあったけれど、 今まで調べるのを先延ばしにしていたから、 ちょうど良い機会だと思って調べはじめた。

 

まずはネットで良さげな書籍をぐぐり、 その中からピックアップしたものを近隣の図書館で探しつつ、 ついでに本棚にあったのも借りてみた。

 

でも、正直まだ興奮してこない。 雪ちゃんのことを思い出してみても、 文字列を目で追って情報を処理していくのがめんどくさい。旦那失格だ。

 

仕方がないから、 天体を題材にした何か面白い作品ないかなーって調べたところ、

 

 

の名前があがっていた。

宙のまにまに』は名前こそ見かけていたけど、なんとなく『 そらのおとしもの』とごっちゃになってた部分があって、 今まで敬遠していた。とりあえず観てみた。*2

 

――面白い。

爽やかに繰り広げられる恋愛模様がザ・青春って感じ。

 

とにかくね、メインヒロインの美星ちゃんが良い子なんですよー。

 

や、正直僕の苦手なタイプなんですけどね……。

 

でも、 嫌な印象を受けないよう、丁寧に描写されているのが好ましいし、 何より星への愛が素晴らしい!

 

 

僕は読書キャラが好きすぎて、 中途半端な読書描写を見るとイライラしてくるけども、 美星ちゃんの場合、星への愛がびしびし伝わってきて、 分野こそ違うけど親近感がもてるわけです!

 

それに、 主人公の朔くんの読書描写もまた丁寧でなおさら好きになる。

 

たとえば、一話で、ひとり主人公席に座って読書している朔くんに、まだ入学してからさほど経っていないからか、 前の座席のクラスメイトが話しかけてくる場面がある。

 

そのとき、朔くんは話を聞こうとするため、 読書を中断するのですが、その時の描写が素晴らしいのです!

 

読書を中断する時にもその人物の性格って表れると僕は思ってます 。栞を挟んだり、カバーを外して挟みなおしたり、 開いたまま机に伏せたり。

 

それなりに本を読む人なら無意識にやっていると思うんだけど、 ちょっとした時間中断するくらいなら、指を挟んでおく、 ということは比較的よくやることだと思う。

 

先の、カバーを利用するケースなら、 僕は基本的にカバーが擦れたり、変な折り目がついたりするから、 大切な本ではしたくない。

 

逆に、ラインを引くのが前提の書籍は、ペンを挟んだり、 カバーを挟んだりとよくやる。*3

 

 

 

 

そんなわけで、読書するキャラほど、 本の扱いに性格がにじみ出てくるので、 それが丁寧に描写されてる作品が好きだ。大好きだ。

 

それに本だけじゃない。 むしろ本棚の描き方にもこだわってほしいし、こだわっている。

 

たとえば定規で引いたような背表紙が出てくるとがっかりする。愛が足りないよ! そりゃあ本棚ってことさえ分かればいいのかもしれないけどさ!

 

でもさ、じゃあ手ってことがわかれば手はドラえもんのような手でもいいのかと!脚が二本で腕が二本ならそれで人間なのかと!もっと本にフェーチーれーよー!!!

 

きちんと描写されてる例もある。

 

オタクカルチャーを題材にした作品なんかだと、 レーベルや作品がわかるように描写されていたりして、 見ると思わずにやりとなるが、やはり、 僕は読書家の本棚を見てみたい。

 

要するに、 僕が圧倒されるレベルの描写が観たいのだ。

 

本に埋もれる程度ではテンプレだ。ちょっとしか萌えない。

 

しかし、一冊一冊、あたかも手に取って並べていったような、 こだわりある本棚はもはや藝術といっても過言ではない。

 

この時、僕が念頭に置いているのはアビ・ヴァールブルクだ。

 

ドイツの哲学者、エルンスト・ カッシーラーはヴァールブルクが財力に物を言わせて蒐集した私設図書館に訪れ、驚愕――いや、戦慄した。

 

というのも、その蔵書の並べ方は一見、不規則なようでいて、 その背表紙を眺めて歩いているだけで、文化史・ 美術史の知識が有機的に、 体系的に、自然と結びついていくような並べ方だというのだ。

 

それを一目見てわかるカッシーラーもすごいが、 蔵書の並べ方で自らの思想を表現してみせるなど、 常人では計り知れないほどの教養である。

 

しかもこれは、 フィクションによって描かれたキャラクターなどではなく、 実在する人物なのだ。いやはやなんとも恐ろしい……

 

さすがに、ここまでの知を描くことは難しくても、 本好きキャラクターが好きでなきゃ描けないような描写、 というものはいつか描きたい。そう思っている。

 

 

神は細部にこそ宿る――

 

気づかない人は生涯気づかないようなものであったとしても、 僕はその神にこうべを垂れるような同士に巡り合えたら、 と願わずにいられない。
 
 

*1:『新妻ラブリケーション』のヒロインである石動雪ちゃんのこと。人類最高の嫁

*2:dアニメストアってめっちゃ便利だね

*3:三上延氏やレベルの極端な本好きになると、どんな本であれ、ラインは引かない。詳細は『読書狂の冒険は終わらない!』を読むこと

誕生日になった。

24年間生きてきたけど、掃除で一日終わる誕生日というのもそうはないと思う。

 

……今後こんなことが無いように、物理書籍の購入を控え、買うにしても電子書籍を中心にしよう。

 

 

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

ごめんなさい『貴族探偵』のレビュー……

 

 

途中まで書いてはいるのですが、メモ出力しきれないままこっち(東京のほう)の家の引き払いなんかをするために来ちゃったんで、2話までに書き上げられなさそうです……

 

期待してる人がどれだけいるかは分からないけどご報告です。すいません……

 

でも、遅くなってもレビュー自体は必ず上げます!

わーい!

 

 

はじめて☆がついた!

僕自身の☆じゃなくて、別の誰かの!!!*1*2

 

しかも、身内じゃなくて、完全に知らない人(?なはず。)ってところがまたありがたい!

 

具体的な名前をあげたら、その人もこそばゆいかもしれないから伏せておくけど、☆をつけてくれてありがとう!!!!!

 

ネットの海は広大です。

*1:そういえば、「いいね!」スターって、黄色いのは無限につけられるんだね。今朝、面白かったエントリにどれだけ☆がつけられるか実験してみたら、思いのほか限度がなくてびびった。

*2:僕自身には、☆1つを限度としているけど、他人のエントリにはいくつ☆つけるべきなんだろうね?

pixivってそういや、小説も投稿できるのね。

 

 

pixiv小説って、見かけたことはあるけど、Web小説というと「小説家になろう」が頭にこびりついていたせいか、pixivという選択肢を忘れていた。*1*2

 

pixivの人たちとも交流していきたいし、二次創作とか書けたら投稿していこうかな……

*1:pixivというと、イラスト検索ツールとして利用しているから、小説というよりは、イメージとしては真っ先にイラストがくる

*2:つーか、今にして思えば、饗庭淵さんもそういやpixiv小説投稿してたっけな……絵も描けるわ、小説も書けるわであの人マジすげーな

ダメだったよ……

 

結局、睡魔に克てなかった……

 

それと、期待してくれてるかはわからないけれど、『貴族探偵』のレビュー、もう少し遅くなりそうです。

 

来週の『貴族探偵』前にはうぷしたいけれど、一体どうなることやら……

 

まあ、期待しないでお待ちください。

 

あ、そうそう、下にあるわかりにくい☆で「いいね!」してもらえるだけでも励みになるんで、面白かったら……いや、面白くなくてもとりあえずここまで読んでもらえたなら、ついでに押してもらえるとマジで助かります。無反応が一番つらいんで……